<< 本日も工房直売OPEN!&おすすめは『ティラミス』★ | main | 敬老の日★お持ち帰りアイスクリーム&アイスケーキご用意しております♪ >>
本日も工房直売OPEN!&Hilo Homemadeの裏舞台!

こんにちは!
今日は3連休の中日ですね!
皆様はいかがおすごしでしょうか?
湘南は少々曇り気味ですが、

雨はすっかり止んで

ほんのり冷たい風が吹いて気持ちがいいですよ^^
是非お出掛けやお散歩がてらに、

Hilo Homemadeの手作りの

味わいを食べに来てくださいませ♪
本日も工房直売、

10:00〜17:30にてOPENしております。

 

今日はHilo Homemadeの

手作りの味わいを作り出すのに必要な、

「仕込み」の裏舞台をご紹介いたします。

 

当店の看板フレーバーである【ポハベリー】。
ハワイではボルケーノの標高が高い所だけになる

ベリーの1種で、地元の方々にとって

特別な実なんだそうです。
Hilo Homemadeルーツも

ハワイ島のHiloになるので、

我々にとっても特別な実になります。
そんなポハベリーですが、

アイスクリームにまで仕上げるのは

かなりの手間がかかります。

 

まず長野県の自然豊かな農園で丁寧に育てられた、

無農薬の実が沢山工房に届きます。


程よい酸味が爽やかであり、

後から甘さが広がるので

柑橘類とはことなる味わいが印象的です♪


そんな大切な実のかさを、

一つ一つ丁寧に取っていきます。
かさを全て取り終えたら、

しっかりと水洗いをして次の工程に入ります。

 

ポハベリーのうまみを最大限味わって頂くためには、

「芯抜き」が肝になってきます。


この芯には若干ですが渋みを感じる部分があり、

取り除くことでピューレにしたとき
より一層風味が増していきます。
大変根気のいる工程ですが、

手作りならではの細かい気配りが大切なんです。

 

こうして芯をくり抜いた実を、

ようやくピューレ状に作り上げていきます。
Hilo Homemadeでは実の美味しさを

最大限に引き出す為、実からでる水分だけで

ゆっくりゆっくり時間をかけて煮込んでいきます。


この温度管理と煮込む時間のバランスが大切で、

煮込みが浅いとあっさりしすぎてしまい、

煮込みすぎるとポハベリーの

繊細な香りが逃げてしまいます。
毎回別妙な加減で仕込むので、

かなり神経を研ぎ澄ませてピューレにしています。
また少量の黒糖をくわえることで酸味と調和し、

より深みとコクのあるピューレに仕上がります^^

 

こうしていくつもの工程を経て作られたピューレを、

濃厚なミルクを合わせることで、
他では味わえない味わえない

奥深いアイスクリームが完成します☆

 

今回はポハベリーのご紹介でしたが、

Hilo Homemadeにはまだまだ手間をかけた工程があるので、
またの機会に書かせて頂きます^^

 

 

 

| Hilo Homemade Ice Cream | お知らせ | - | - | - |